FDA工場登録および殺菌条件申告

FDA工場登録および殺菌条件申告の代行サービス

米国FDA規則では、米国へ輸出する低酸性および酸性化食品の缶詰・びん詰・レトルト食品の製造工場は、工場の登録(FCE:Food Canning Establishment)/殺菌条件申告と製品固有番号取得(SID:Submission Identifier)/製造責任者の殺菌管理主任技術者資格認定取得(米国のBetter Process Control School受講者と同等の資格となります)が義務づけられています。本会では、本会会員様向けサービスとして、登録および申告代行、申告書類の管理を行っています。
・FDA食品施設登録とは異なります。
・製造工場が非会員の場合は、本会の会員加入手続きが必要です。
・殺菌管理主任技術者の資格取得者がいない場合、先ず資格の取得をお願いします。
(殺菌管理主任技術者資格認定講習会の詳細につきましては、こちらをご確認ください。)

具体的な「FDA申告書類管理サービス」加入工場に対してのサービスは下記の通りです。

  1. 新規FDA工場登録を行う場合は、本会職員が実際に現地の工場を訪問して調査します
  2. 年に一回、登録工場の連絡責任者に登録内容の確認をします。登録内容について連絡責任者から変更要請がある場合には、修正等の対応を行います。
  3. 年に一回、FDAのサイトにアクセスして申告製品の書類が有効であるかを確認します。
  4. FDAから貴社あてに調査や査察に関する連絡文書が来た場合、内容に応じて助言を行います。
  5. FDA査察につきましては、ご希望に応じて当日立会い、技術支援等を行います。(別途お見積)

サービス料金(税込)

FDA工場登録/殺菌条件申告費用 【初年度】

項目 単位 金額
工場登録*1 1工場 38,500円
加熱処理*2 1品目1容器タイプ 35,200円
熱伝達測定*2 1品目1容器タイプ 35,200円
英文証明書の発行*3 1品目1容器タイプ 99,000円
殺菌条件申告用紙作成 1品目1容器タイプ 19,800円

*1 すでに工場登録番号(FCE#)を取得されている場合は不要
*2 依頼者が熱伝達測定をされる場合は不要
*3 内容・枚数により変更あり, 記載は飽和蒸気式静置レトルトによる熱伝達証明書

FDA申告書類管理サービス費用【2年目以降・4月~翌年3月】

項目 単位 金額
登録工場管理費(FCE) 1工場 11,000円
申告製品管理費(SID) 殺菌条件申告1品目1容器タイプ 3,300円

2年目以降は原則、自動継続となります。

査察対応 ※書類管理サービス加入工場のみ

項目 単位 金額
工場査察当日の本会職員立会い費 査察全日 職員1名につき 33,000円
立会い職員の諸経費(交通費・日当等)       ー 実費

お申込み方法

申込書(PDF)に必要事項をご記入のうえ、FAXにてお申込みください。

お申込み・お問合せ先

(公社)日本缶詰びん詰レトルト食品協会
研究所
電話:045-790-1221
FAX:045-790-1222
〒236-0004 横浜市金沢区福浦2-5-3

電子申請用説明書に関する情報

FDA情報をインターネットで活用するためのサイト

FDA情報をインターネットで活用するためのサイト

このページの上部へ